忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わたがし忍者の妄想 その3
何故、一番必要としている時に傍に居てくれないのですか。
私たちは、何もない道を歩いていた。
そのうちに、四つあった足跡が二つになり、ついに苦しくなった。
誰か、助けて。
何故、こんなにも声が響かないところに来てしまったのだろう。
それなのに、もう一方の足跡二つは更に歩き出している音が聞こえる。
待って、ください。
そんな声も、波の音に掻き消されていく。
匂い。匂いは淡い潮の香りだった。
私は座ったままで、押し寄せる波に体を預けていた。
そう、このまま……水になれたのなら――
幸せ、なのだろうか。
好きなこともできないまま、ただ流されて消えて行く。
もう十分辛い思いをしてきた貴方に、できない事はない。
破ってみせろ。辛さ、限界、これ以上にない悲しい出来事。
破るんだ。貴方が私を優しく包んでくれる言葉を思い出して。
だから、心が盲目の私は感じなければならない。
例え、言葉が帰ってこない日であっても、貴方は傍にいることを。

きゅぴーーん!
時間切れだ!腰が痛いから寝る!
その前に塾だ!
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 98 97 96 95 94 93 92 91 90 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]