忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

君想う……。 2!
今日はクリスマスイブ。 夜に彼女と会う約束。

それなのに。

『別れ…ない?』

彼女の少し戸惑ったあの顔が、ずっと脳裏に焼きついている。

冷たい空から、雪が降っていた。
 
それは僕の冷たい手に落ちて水になる。

目から落ちた暖かな雫も一緒に混じった。

なんだか気まずい。 そう思った。
 
そう思ったけど、彼女を好きな気持ちは変わりなかった。

片手に持った彼女へのプレゼント。

選びに選んだプレゼント。

わたせずにいるまま、彼女は電車の中へと去ってしまった。

そんな中、彼のもう一つの片手の指は一生懸命に動いていた。

「送信しました」

彼女は丁度電車の中で揺られていた。

携帯に手を伸ばしたところで、着信音が鳴り響いた。

「……どうしよう」

どうしようもこうしようもなく、彼女の携帯に彼のメールは届いている。

今の私は嫉妬と、少し変な好奇心でできている気がした。

一応。一応、見るだけ。

そして、そっと携帯を開いた。

――それを見た彼女は、満員電車の人を押しのけて彼の元へと向かった。

「ごめんね。ごめん」

私、あの日自分で決めたこと忘れてた。

何があっても、絶対彼を悲しませないって。

絶対彼を一人にはさせないって、ずっと傍に居たいって。

そう感じたから、私はずっと彼の事考えてる。この嫉妬感もそうだったんだ。

私はずっと、彼を信じてるはずなんだ。彼にとって私もそうであって欲しいから。

――――――――――
おひさー>w<

続き書いてみたけど、完結しなかった…orz

だから君c続き書いてください;_;氏

次完結しなくても私が完結させてみせるぞ★

君cがもっと色んな人に見てもらいたいーって思うなら宣伝しますが@w@


昨日の夜から書き始めて、一回就寝w

色々考えたけど……なんか切ないぞ?!

想いは募れば募るほど不安になるものなのだと思います

だけど、心の持ちよう!だよねー>m<

彼女も一回は、信じたい、信じようって思って、

彼も彼女を信じていたから、他の女の子とプレゼント選ぶなり何なりしてたのかなーーっていう

プラス思考万歳!

彼女は元々プラス思考であって欲しい!

彼を思うと少しネガティブ思考になって欲しい!

だけど、いつでも真っ直ぐストレートな子!

みたいな感じで書きました。

傷ついても、それを癒せる人、それがこの恋人同士だといいな><b
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 89 88 87 85 82 81 80 79 72 71 70 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]