忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕の『目』に映るのは・・・
「君の目にあたしは映ってないよ」
学校帰りの放課後、ぼくはそうやって彼女にふられたんだ。
なにも言い返せなかった。
彼女の言っていることは間違いでわなかったから。
いつからだろう?
僕が人に『目』を向けなくなったのは。
付き合い始めてから?高校に入ってから?
それとも・・・・・・生まれてからずっと?
僕は偽善者だ。
友達にはいい人ぶって、本当は友達のことをどうも思っていない。
でも、そうしなければ僕は駄目なんだ。
だからこれからも僕は仮面をかぶり続けるだろう。
僕が僕であるために。もう誰も殺めないために・・・・・・。
                     
                     by kimiomo




むぅ、納得のいかない終わり方ww
過去になにがあったのかまるで説明していませんねww
まぁ、それはまたいつかのときにww
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 14 13 11 9 7 4 3 2 1 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]