忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無題
誰かが悲しんでいる場面が思い浮かぶ。
闇に飲み込まれそうな、少年の姿。
「はぁはぁ」と息をあげながら、闇から伸びてくる手に掴まれないよう、
たった1人、必死に逃げていた。
しかし、闇の手に足を掴まれ、あっという間に闇の一部となってしまった。

そんな世界の始まりは、光。

低い建物や、少し背の高い建物が並ぶ、レンガを貴重とした街がある。
一見、賑やかそうな街だが、もう人は住んでいないようだ。
誰かの靴の音が、街全体に響いているような気がした。
そこには確かに人が存在していた。
帽子のついたマントをはおっていて、顔が見えない。
マントをはおった人は、街の異変をすぐに把握した。
「…皆、影に飲み込まれ…」
家の壁のレンガを触りながら、そう一言こぼした。
 「誰だ…!!」
聞き覚えのない声が、どこか分からないところで聞こえる。
「影から光を生み出す仕事をしています。」とマントをはおった人は冷静に答えた。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 20 19 18 17 16 15 14 13 11 9 7 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]