忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《黄昏れ夢心地》


「……うそ。」

「嘘じゃねー。マジだマジ。」

「………。」

「ま、信じなくてもいーけどな。別に困らねーし。」

「……信じる。」

「ん?って、おわッ!?なんで泣いてんだよッ!………なんだ。無表情じゃねーじゃん。」

「泣いてない。驚いてるだけ。」

「………驚いてるって。」

「…きーみチャーンッ!どったの?ってなんで綿ちゃん泣いてんのッ!?……泣かした?泣かしたの?」

「……大丈夫。問題ない。」

「ぃゃぃゃぃゃ、問題大有りだよッ!こんな可愛い子を……君ちゃん。許すまじ。」

「なぁ、鵺野。」

「なんだ。」

「お前の気持ち、少し分かったかも。」

「……そうか。」

「こら、鵺ッ!極悪君ちゃんとこそこそするなッ!……さ、さては鵺めグルだなッ!?」

「……もぅ、大丈夫だから」

「優夜。綿雨もそう言ってるんだ。良いだろ。」

「そーだぞ櫟。……もういーじゃんか。」

「よーくーなーいーッ!よし、こうなったらクラス総動員だッ!覚えてろッ!極悪君ちゃんめッ!」

「ちょッ!待ッ!」

「…待て」

「…ッ!?…がはッ!ごほ、ごほッ!……ぬ、鵺さん?」

「なんだ。」

「首下を引っ張られて死にそうになったのですが。」

「知らん。自業自得だ」

「グッジョッ!鵺野ッ!……ふふふ、参ったか櫟。此方には最強鵺野が居るんだ。」

「…………ゴッ!」

「☆#@※!」

「喧嘩両成敗だ。」

「……あはははっ!君ちゃん馬……御免なさい鵺様。調子のりました。反省しますから片手を振り上げてこちらに向き直るのは辞めてください。」

「………帰ろ。」

「そうだな。ほら、綿雨さんが帰るって。」

「あぁ、そうしよう。」

「Here you go!!」

「優夜……無駄に発音上手いな。」

「……そうね。」

「へへーん。英語は得意なのさッ!」





「まったく………鵺野も櫟もタイミング悪いっての。……なんも話せなかったし聞けなかったじゃねーか。配慮しろよな、二人きりにするなら。」

「君ちゃーん。置いてくよー。」

「……っと、素が出てた。ぉーぅ、今行くよッ!」
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 97 96 95 94 93 92 91 90 89 88 87 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]