忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あの樹の下で 5
翌日。。。
担任が耕介を除く生徒たちに事情を話しているころだろう。
「耕介、いくぞ」
「ちょっと待って!緊張しちゃって・・・」
この通り記憶は戻っていない模様。
「まぁ、緊張するのも無理ないな。『転校初日』だからな」
「・・・よし。いこう」
「あぁ」
親父の顔が暗いのは内緒・・・。


ところ変わって学校。。。
「まじかよ」
「はねられて、記憶喪失だってよ」
「俺らのこと覚えてねぇのか・・・」
生徒たちは担任に話されたことで動揺しているようだ。
ここに、絶望っ子が一人・・・。
「・・・・・・」
美波だ。


「みんな。落ち着いて聞いてくれ。・・・神路が、撥ねられた。注意不足だったそうだ。病院に運ばれて、命に別状はないようだが・・・記憶が、ないそうだ。自分が誰なのかはわかっている。だが、友達のことは一切。。。彼の父親から頼まれたよ。転校してきたことにしてくれって。つらいことかもしれないが・・・そういうことにしてくれ、頼む」


「あたしが・・・」
ガラガラガラ
「・・・みんな転校生を紹介する。神路耕介君だ。仲良くしてやってくれ」
(メールしたからだ)
担任の顔は、苦虫を噛んだようだった。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 85 82 81 80 79 72 71 70 69 67 53 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]