忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

偽善な救世主 Ⅴ
脳裏に移ったのは、

――殺到する人々

――悲しく微笑む少女

――くらい顔をしている少年。これは俺か?

――そして、愕然とした少女の顔





全てを思い出した。



でも、この違和感はなんだ?
何かが違う。
どこかが間違っている。
確かめなきゃ。

―――あの、墓に行かなきゃ。


「ここに何かが、絶対何かがあるんだ」
――クスクス
「なんだ?」
――クスクスクスクス
「笑い声?」
――アハハハハハ!!
「誰だ!」
「・・・僕ですよ」
「お前は!?」
「クス、びっくりしたでしょ?」
「大丈夫なのか?」
「あぁ、あれですか。普通の人間なら死んでたでしょうね。《普通》ならね」
「普通じゃないのか?」
「僕は人間じゃありませんし。それにあの子も」
そういって燈真は墓を指差す。
そこに、一人の少女がいた。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 19 18 17 16 15 14 13 11 9 7 4 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]