忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

偽善な救世主 Ⅷ
「今なら答えてくれるかな?」
《何を?》
そういう楓の顔には先ほどの畏怖は見て取れない。
「なんで、あの時相談してくれなかったのか」
《あぁ、あれね。あれは、私自身で解決したかったの》
「え?」
《ほら、いつも迷惑かけてばっかりだったでしょ?だから、あれぐらいは君を心配させないでおこうって》
「で、でもそれじゃぁなんで!」
《君にはわからないよって言ったかって?》
言葉を先に奪われて口ごもる。
《あれは、なんでしょうね?言い訳でもないし八つ当たりでもない。そうね、私、切羽詰ってたのよ》
「それだけ?」
《そうよ。・・・・・・あれ、もう逝かなくちゃならないみたいね》
「そんな!!」
《大丈夫。君は私が居なくてもどうにかなるわ。頑張らないとなのはなのは私のほうね》
彼女の姿はゆっくりと掻き消えていった。

*     *      *      *      *

「只今戻りました、ヤハウェ様」
「おぉ、ミハエル、ぃゃ、今は燈真だったか。よくぞ戻った。で、相手のほうは?」
「クスクス、ミハエルでいいですよ。彼のほうは問題なしです」
「そうか。それにしてもお前の考えはいささか度が過ぎていたのではないか?」
「恐縮です。しかし、こうもうまくいったのですから、いいじゃないですか」
「ぅぅむ。しかしなぁ。死者を操って、人間を騙すとは。天使としていかがな物か」
「ヤハウェ様は相変わらず頭が固いですネェ」
「まぁ、しょうがないのぅ。特に火が会いにあったものもおらんようだし。よしとするか」
「では、私はこれで」
そういってミハエルは席を外す。
「ふむ、偽善者とはまさにあいつのことじゃな。天使が悪魔のふりをするなど、前代未聞じゃわ」

                      by kimiomo




いやぁ、久しぶりの更新ww
そして長編完結ww
ぐだぐだなストーリー転換だったけど読んでくれた人は理解できたかな?ww
日々精進、んでもってもっといいものをww
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 69 67 53 52 47 33 26 23 21 20 19 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]