忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わたがし忍者の妄想
私と貴方は本で繋がっていました。

しかし、その日は長くは続きませんでした。

なぜなら、私は違う本を次から次へと読み漁っているからです。

私はまだ出会ったことがありません。

何回でも読みたくなるような本に。

だから、自分で作ることにしました。

しかし、上手くいきません。

なので、今日は踊りたいと思います。

「好きなことやれ、ウッホッホーイ」

さぁ、これで好きなことが出来るようになったことでしょう。

あら。あんな所に誰かがいるわ。おーい。

「やあ」

まあ、これは愛しの君ちゃんではありませんか。おーい。

「こんなところで、何をしているの?」

実は私、自分だけの本が作りたいの。

「へえ、それは名案だね。一体どんな本にするんだい?」

好きなことが出来る本がいいわね。

「じゃあ、この頭が良くなるリンゴを食べると良いよ」

まあ、本当?嬉しいわ。パクリ。

ウッ……こ、この味は!!

ほのかな酸味と、柔らかな甘さがマッチしていて……美味しい。

目を瞑っていても、りんごのデッサンが頭に浮かぶようだわ。

そして、この喉越しさわやかな香り。最高ね。

「さあ、早速本を作りに行こう」えいえいおー。

ところで、君ちゃんはあそこで何をしていたのかしら。

「僕はプリンのアラモードさんと遊んでいたんだ」

まあ、アラモードさんと? 素敵ね。

「でも、アラモードさんは最近元気がないんだよ」

それは大変ね。一体何故なのかしら?

「いんげん君と喧嘩をしてしまったみたい」

私たちで、何とかしましょう!えいえいおー。

着いたわ。いんげん君はどこかしら?

「あれを見て」

アラモードさんといんげん君だわ。おーい。

「どうしたんだい?」

「実はアラモードさんと僕じゃ結婚できないみたいなんだ。

ほら、僕たちデザートと野菜だろう?」

どうしたものかしら。そうだわ。私にいい考えがあるわ。

「一体どうするの?」

ふふふ。コレよ。

用意するもの

シミットパン



ルー

まず、アラモードさんといんげん君をミキサーで混ぜます。

その次に、シミットパンを手でちぎります。

ルーに混ぜて出来上がりよ。

「わあ。美味しそう」

私の最高傑作よ。召し上がれ。

「ん?待てよ……

アラモードさん、いんげん君、シミットパン、手、ルー……」

そう。これは最高の愛のレシピ。





HAPPY END

私は元気です。
('д`;)勉強しよっと
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 98 97 96 95 94 93 92 91 90 89 88 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]