忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

偽善な救世主 Ⅲ
目を覚ますと、そこは病室だった。
「・・・俺は」
頭の中がしっかりと整理されていない。
散歩に出て、墓地を見つけて、それから・・・。
「ッ!?」
考えていたところに頭痛が来た。
気を失うほどの痛みではないが、頭も中に無理やり何かをねじ込まれたような痛みだった。
霞む目の前の情景の変わりに、見覚えのない景色が広がった。
ぼろくさい中学校。せみの鳴き声。少女の姿。そして・・・墓地。

そこで意識が戻った。
「これは、昔の記憶?」
なぜかはわからないが核心が持てた。
「あの子は・・・」
少女の姿を思い出す。
それと同時になにか違和感を覚えた。

「木島さん、大丈夫ですか?」
ナースが入ってくる。
「気がつかれたんですね。通りかかった学生さんが見つけて知らせてくれたんですよ」
(・・・・・・学生?)
その言葉を不信に思いながら、一応お礼だけはのべておく。
「そうですか。ありがとうございました」
「たぶん過労だと思いますよ。きょうは家でゆっくりしてくださいね」


病院を後にした栄一は考えていた。
あの墓地に何かがあるのだろうか、と。
気がつくと墓地の前にいた。
そこにはあの怪しげな男――――花岸燈真がいた。
「お前、助けてくれたんだってな」
「助けたのはお医者さん。僕じゃないよ」
そういって笑っている。
「お前なんでこんなとこに居るんだ?」
「ただの散歩だよ。・・・君は?」
「俺も散歩だ」
ぶっきらぼうにそう答える。
「そうなんだ。あ、もうこんな時間だ。じゃぁ、また明日ね」
「え?あ、あぁ」

(結局何もなかったな)
家に帰宅した栄一はそう思いながら夕飯をたべていた。
「あいつ、また明日って言ってたよな」
その疑問は翌日、登校と同時に晴れた。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 17 16 15 14 13 11 9 7 4 3 2 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]