忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無題
「…ふ、ふざけ」
少年は、この状況で冷静になっていられる男に腹が立って、
襲いかかろうとした。
しかし、殴りかかった方の腕を取られてしまった。
そして、あっけなく少年は倒された。
その反動で、男のマントの帽子が取れた。
「…女?!」
銀色の長い髪に、青い瞳の大人しそうな顔立ちをした、
女の姿が現れた。
「私の護るべき人々も、全てレクノスに奪い去られました。
先ほど見せた技は、影…つまり闇を消すこと。
レクノスに通じる闇は、もっと恐ろしいもので、先ほど以上の力が必要になる。
しかし、無闇に影を消すのも良くない。
光があるからこそ、闇があるという事を、忘れてはなりません。」
女は、構わずレクノスの話を続けた。
「どうやっても、助からない…?
この街の人も、…この世界はもう滅びるって事なの?」
少年は、腰を抜かしたまま女に質問した。
「先ほど言った通りです。
世界は間もなく滅びるかもしれない。
しかし、私のように光を操れる者が他にもいるのだとすれば、まだ可能性はあります。
…ところで、あなたはこの街の人ですか?」
女はレクノスの話を急にやめた。
そして、手を差し伸べ、笑顔でそう質問した。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 23 21 20 19 18 17 16 15 14 13 11 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]