忍者ブログ
君想う声とわたがし が連携して書く小説と、 各自の小説を載せていくブログ★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

偽善な救世主 Ⅶ
その日は雨が降っていた。
しとしとと降り注ぐそれは、そのときの俺の心の中を表して居たのかもしれない。
目の前には、一人の少女。
一歩進めば楽々と死ねる。
そして後ろには、たくさんのクラスメイト。
そのときだけは自分がどうしたらいいか理解できなかった。
何故?
そう問いかけると彼女は悲しく微笑んだ。
そして、君にはわからないよね。
そう言って、彼女は宙に身を投げ出したのだ。
後からきずいた。
彼女は俺が仲良くしていたクラスメイトいじめられていたのだ。
陰口というレベルではない。
一歩間違えれば殺していたほどのいじめだったそうだ。
だが、俺は真実を知った後もそいつらと普通に接していた。
そう、まるで彼らを罪から救出するように。

偽善者。

その言葉が心に刺さる。
あの時もし彼らに反論していたら。
こんなことにはならなかったのかもしれない。
もぅ、後にはもどれない。

「・・・あのさ、・・・その、どうしたら許してくれるかな?」
『私は、お前を許さ・・・』
《もぅ、怒ってなんかないよ》
「!?」
「ぉゃ、これは驚きましたネェ。まだ理性が残っているのですか」
「お前!」
「クスクス、これでは仕方がありません。私は引かせてもらいましょうか。」
「まて!」
《いいのよ。全部あたしが悪いの》
「・・・楓」
久しぶりに彼女の名前を呼んだ気がした。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 67 53 52 47 33 26 23 21 20 19 18 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/19 わたがし]
[02/18 わたがし]
[02/11 わたがし]
[01/13 わたがし]
[08/26 わたがし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
君想う声とわたがし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]